カワサキ,ハンドル,ZR-7S,5976円,platinae.com,/homoeoteleuton137864.html,車&バイク , バイクパーツ , バイクサスペンション,変換ジョイント,41パイから37パイへ,弁天部品 5976円 弁天部品 カワサキ ZR-7S ハンドル 変換ジョイント 41パイから37パイへ 車&バイク バイクパーツ バイクサスペンション カワサキ,ハンドル,ZR-7S,5976円,platinae.com,/homoeoteleuton137864.html,車&バイク , バイクパーツ , バイクサスペンション,変換ジョイント,41パイから37パイへ,弁天部品 5976円 弁天部品 カワサキ ZR-7S ハンドル 変換ジョイント 41パイから37パイへ 車&バイク バイクパーツ バイクサスペンション 弁天部品 カワサキ ZR-7S 変換ジョイント ハンドル 絶品 41パイから37パイへ 弁天部品 カワサキ ZR-7S 変換ジョイント ハンドル 絶品 41パイから37パイへ

アイテム勢ぞろい 弁天部品 カワサキ ZR-7S 変換ジョイント ハンドル 絶品 41パイから37パイへ

弁天部品 カワサキ ZR-7S ハンドル 変換ジョイント 41パイから37パイへ

5976円

弁天部品 カワサキ ZR-7S ハンドル 変換ジョイント 41パイから37パイへ

商品の説明

商品の説明

こちらの商品は商品タイトルの車種の専用商品となります。
37パイのハンドルが取り付け可能です。
お届けする商品の各部寸法は
2枚めの写真のアルファベット
の箇所のサイズになります。
A部分 = 41パイ
B部分 = 37パイ
C部分 = 10ミリ
D部分 = 35ミリ


フォーク変換アダプターで手軽に違うサイズの
ハンドルが装着可能。
セパハン,ロボハンなど
選べるハンドルが広がります。
無垢のジュラルミンからの削りだしです。
弁天部品オリジナルパーツです。
ジュラルミン製で他にはない、弁天部品オリジナルパーツです。
企画、設計、生産を 全て自社でおこないます。 
取り付け精度もバツグンです。 高性能機械による削り出し加工で
精度ももちろんあんしんです。
万が一の不具合にも、 すぐに対応できます。 
素材はジュラルミン
無垢のジュラルミンから
削り出しております。
仕上がり面も美しく、高級感あふれるカスタムパーツです。

ご注意(免責)>必ずお読みください

こちらの商品は商品タイトルの車種専用商品になります。
取付にはスパナ、レンチなどの工具類と前輪を上げるジャッキが必要となります。
Oリングは付属しておりませんので純正のものを付け替えてください。
対応車種や年式が異なる場合装着ができませんので、 装着車種、年式をご確認下さい。
ご注文前にご確認ください。
ご不明な点はご質問下さい。

弁天部品 カワサキ ZR-7S ハンドル 変換ジョイント 41パイから37パイへ

新しい技術

  • Diane 35すぐに市場に戻って

    2013年3月から市場から削除された薬Diane 35は、薬局の棚で再び利用可能になります。 欧州委員会は、その使用の利点がリスクを上回り、販売を認可したと考えています。 しかし、Diane 35の処方は非常に額縁になり、座瘡に対する治療の一部としてのみ許可されます。 Diane 35は、販売承認を受けていないが、避妊薬として女性に処方されていることが多い。 ©Ceridwen、Wikipedia、cc by sa 2.0 欧州委員会は、アクネDiane 35との戦いが欧州のマーケティング承認(AMM)を維持すると決定しました。 その結果、すぐにフランスで再び利用できるようになります。 2013年3月末以降中断されたこの薬は、避妊薬としてAMMから広く処方されました。 この文脈で、彼は強く批判され、第3世代および第4世代の丸薬も強く批判されました。 実際、彼は静脈血栓症や動脈血栓症の原因とされていました。 1987年以来フランスで起こった4人の死亡は、Diane 35の企業に起因しており、国立医薬品食品衛生局(ANSM)はその使用を中止するよう促した。 避妊薬として非常に広く処方されていますが、この薬は実際に

    続きを読みます »
  • Diane 35すぐに市場に戻って

    2013年3月から市場から削除された薬Diane 35は、薬局の棚で再び利用可能になります。 欧州委員会は、その使用の利点がリスクを上回り、販売を認可したと考えています。 しかし、Diane 35の処方は非常に額縁になり、座瘡に対する治療の一部としてのみ許可されます。 Diane 35は、販売承認を受けていないが、避妊薬として女性に処方されていることが多い。 ©Ceridwen、Wikipedia、cc by sa 2.0 欧州委員会は、アクネDiane 35との戦いが欧州のマーケティング承認(AMM)を維持すると決定しました。 その結果、すぐにフランスで再び利用できるようになります。 2013年3月末以降中断されたこの薬は、避妊薬としてAMMから広く処方されました。 この文脈で、彼は強く批判され、第3世代および第4世代の丸薬も強く批判されました。 実際、彼は静脈血栓症や動脈血栓症の原因とされていました。 1987年以来フランスで起こった4人の死亡は、Diane 35の企業に起因しており、国立医薬品食品衛生局(ANSM)はその使用を中止するよう促した。 避妊薬として非常に広く処方されていますが、この薬は実際に

    続きを読みます »